2016年3月28日月曜日

自動車に関する調査

リクルート自動車総研なる組織による、ある調査結果が記事になっていた。
その調査とは、8歳~69歳の男女を対象に「クルマの購入経験」や「クルマに求めるもの」や「購入利用」などについての調査である。
ボディタイプでは軽自動車、ハッチバック、ミニバンという順位で軽自動車は圧倒的(中古車においては44%)な人気だったらしい。
地域差もあり、軽自動車比率が高いのは東北と九州でどちらも5割を超えており、関西ではミニバンが人気が高いらしい。そして北海道と首都圏ではワゴンが健闘しているなど、なかなか面白い調査結果です。


 首都圏と関西を除けば、クルマの主な購入目的は「通勤通学」というのが4割以上と高く、ふだん学校や会社に行くために必要不可欠な足となっている実態が浮かび上がってくる、とあるのですが、これは当たり前田のクラッカー、ですな。


さて、お気づきの方はいるでしょうが、この調査の対象年齢。幅が広いっ!!
下が8歳ですよ、あーた。
8歳に、「クルマの購入経験」「購入利用」なんて聞いて、どうしたいんだ???
いったいどんな調査やねん。


2016年3月27日日曜日

人工エラ Triton


いわゆる人工エラ。
口にくわえるだけで水中で呼吸が出来るシロモノ。
クラウドファンディングサービス「Indiegogo」で支援募集中。

どういう仕組みになっているのか詳細は分からないけど、コンプレッサー内蔵で水中から酸素を取り込んで貯めることが出来るらしい。コンプレッサーのバッテリー制限で、駆動時間は45分。


ただ、酸素しか取り込まないので、ある一定上の水深だと酸素中毒になる恐れがあります。
人間は酸素だけじゃ生きていけません。
最大深度は15フィート=4.6mくらい。

それでもすごいですね。
まるでSF映画みたいだよ。たしかSWのエピソード1で、クワイガンとオビワンが、水の中にあるグンガンの町に行くときに、マウスピースみたいなものをしてたけど、まさにアレ。



グンガン族のこの人(ジャージャー)には無論、不要なものデス。



2016年3月26日土曜日

高速の制限速度

高速の制限速度が120km/hになるかも、というニュースがありました。
賛否が分かれているようですが、否定派はやや少ないかな。
どこのメディアも書いていませんが、自分は、ポイントはこの二つじゃないかと思います

・進行中の高齢化社会
・自動運転化技術の進歩と適応、そして規制

高速道路走るとプリウスやアクアが「これでもか」っつーくらい、いっぱい走っています。
運転しているのは、結構お年を召した方だったりします。
高速道路でも高齢化が進んでいると思うんですが、年齢層別の高速道路利用者調査、とかないんでしょうか。
じいさん、ばあさんが高速を飛ばしたらいかん、というつもりはありません。
が、制限速度を100から120に上げるのは時代に逆行しているような感じがします。

高速道路で走行速度が上がれば視界は狭くなり、制動距離も伸び、基本的には事故リスクが上がります。
現実問題として、現在速度制限が100km/hの高速でその制限を常に守っている車はそれほど多くはありません。
仮に制限が120kmに上がっても、多くの人はその速度以上で走るでしょうね。もちろん、老人も飛ばすやろうね。

100kmの制限速度が決められた時代に比べ、車の性能は格段に上がっています。
制限が上がったら、軽自動車の馬力自主規制は撤廃されるかもしれません。
安全性能も同じように上がっています。
昔(20年前)は交通戦争と呼ばれるほど交通事故による死者が多くて、年間1万人を超える死者が出ていました。(下グラフの赤い線 左目盛り)
今ではずいぶんと減って、2015年は4000人余りとなっています。
その分、車は格段に重くなりました。つまらない車が増えているなー、とひそかに思います。


高速道路は便利です。自分も良く使います。
高速料金の休日割引(50%)がなくなったのが痛いです。今は30%です。
車速と道路の強度って関連あるんですかね。
速度上げるために道路は補強が必要。だから高速料金値上げね、なんてことにならなきゃいいですが。
制限速度が変わっても、死亡事故が増えなければいいと思います。


2016年3月23日水曜日

技術は陳腐化する。故に常に挑む必要がある。

STAPの事件については、マスコミや社会の反応に憤りを感じていました。
あれほど大騒ぎするようなことだったのでしょうか。
STAPを発表した当事者の科学者は、今は逼塞しているように思います。
科学者生命を絶たれた、と言っても良いかもしれません、少なくとも日本では。
当時、だまされた、とかいうようなコメントを見かけました。そういう印象を持っている人が多かったように思います。
私の身の回りにも、そういう人が多数いました。

新しい科学や技術というのは、初めから効果や仕組みがわかっているものはそれほど多くありません。
また、その技術にいたる道筋に、いくつもの試行錯誤があり、科学者自身にも多くの誤解があります。
私は生物系についてあまり理解や知識は持ち合わせていませんが、STAPそのものにはその可能性を感じました。
といっても、話を聞いて「それ、ありえるかも」といった程度のものです。
だから、その後の論文ミスとか、検証が出来なかったということに残念な思いはありますが、「よくあること」という気持ちの方が大きかったです。
果たして、あの事件で誰が損をしたのでしょうか。誰かが何かを失ったんですかね?面目?
そんなことで、いち科学者の将来を無くしてしまうのは非常にもったいないと思います。

新しいことを生み出す、発見するというのは、大変な作業です。
たとえば、中国がよくパクリをすると、日本人は嘲る事が多いですが、あれもどうなんでしょう。
日本人もかつてはパクリ天国でした。古くは火縄銃から始まり、蒸気機関、飛行機やラジオ、TVなど初めはパクリでした。
かつて、70~80年代の日本人は物まねがうまいといわれ、今ですら、工業製品の品質を上げることや、信頼性を上げるげることに関して日本人は優れた技術を持っているが、新しいカテゴリーの商品を生み出すのが下手、と言われています。
これって、パクリの延長って事ですよね?
日本の家電メーカーの今の状況は、パクリではない新しい商品を生み出すことができなかったからではないでしょうか?
(市場が求めているものを探る能力や、新しい価値観(楽しみ)を生み出すこと、それを伝えるコミュニケーションも、下手と言うこともあります。)

日本人以上に面子を大事にする中国人は、日本人のあざけりに対して、恐らく相当苦々しく思っているはずです。「今に見ていろ」と。
かつての日本人がそうであった様に。
パクリをするのは仕方なくやっていると思った方が良いです。(無論、一部は楽して金が稼げると、嬉々としてパクっているかもしれませんが。)
そして、「地道に」技術を真似ることで盗み、更なる改善はどうすべきかと、自分達の技術の引き出しを増やしている最中のはずです。
日本人のあざけりは、日本に追いつけ追い越せの推進剤になっているかもしれませんが、そうだとしたら悲しいことです。

先週終わった中国の全人代(全国人民代表大会)で、日本の炊飯器が話題になったそうです。
中国の全人代(=国会)で、日本製「炊飯器」がキーワードに浮上。約3000人が出席している代表の一人で急成長している携帯電話機メーカー、小米科技(シャオミ)創業者の雷軍会長が全人代の分科会会議で日本製炊飯器について、「米粒が踊っている。中国メーカーには作れない」と発言したことがきっかけだ。


全人代では5日の開幕式で「政府活動報告」を読み上げた李克強首相が、「中国の消費財の品質を高める必要がある。あくなき進歩を追求する職人を育て、製品を増やし、品質を向上させて、ブランドを創造しなければならない」などと強調した。
確かに日本の炊飯器は手がこんでいて優れていますが、いずれ中国人の手によって中国人に最も適した炊飯器が出来るのも時間の問題です。
お米の消費が年々下がっている国で優れた炊飯器なんて、滑稽です。
技術力の日本なんて言って胡坐をかいていればいつかは追い越されます。技術は時と共に陳腐化するものです。
新しいと勘違いした誤解や、新しいことに挑んだ経過でのミスなどに目くじらを立てて抹殺するような国の将来は危ういと感じます。
また、この件で叩かれた技術者もへこたれずに再起して欲しいです。

このようにつらつら考えると、ドクター中松って本当にすごい人ですね。


2016年3月22日火曜日

飯田丸梅園(2016.2.28)

時期がずれてしまいましたが、先月末、熊本城の飯田丸梅園に行きました。
熊本城を見に行くことはあっても、城内の梅園の存在は今年になるまで知りませんでした。
熊本城は桜が有名ですが、梅園の梅は結構見ごたえがあったし、お城と梅の組み合わせも良かったです。

梅独特の枝ぶりとお城の姿は、なかなか絵になります。
それを上手く写真で表現するのが課題ですが、なかなかうまく行きません。
まだまだ修行が足りません><


(2016.2.28 清正公像 byNEX5N E 18-55mm 18mm F 13 ISO100 1/160)
お約束の清正公。周囲の木は桜です。もう少ししたら華やかになるね。



(2016.2.28 長塀 byNEX5N E 18-55mm 19mm F 11 ISO100 1/100)
ながべー。露出がややオーバー。(悔)



上は熊本城の案内図です。
熊本城の正面は南側です。仮想敵が南方の「十文字」やけんね。
だから表玄関にあたるのは、矢印の櫨方門(はぜかたもん)じゃないだろうか。
今回はその櫨方門から突撃!
竹の丸、石垣に囲まれ曲がりくねった虎口を経て、赤丸の飯田丸を目指す。



(2016.2.28 櫨方門前 byNEX5N E 18-55mm 18mm F 13 ISO100 1/100)
櫨方門に至る虎口(ココウ)



(2016.2.28 櫨方門前虎口内部 byNEX5N E 18-55mm 18mm F 11 ISO100 1/100)
櫨方門に至る虎口(ココウ)内部



(2016.2.28 竹の丸 byNEX5N E 18-55mm 18mm F 13 ISO100 1/125)
櫨方門をくぐると広がっている曲輪(くるわ)が竹の丸。竹の丸から石垣虎口群を登り抜けると、飯田丸。



(2016.2.28 飯田丸梅園 byNEX5N E 18-55mm 18mm F 5.6 ISO100 1/640)



(2016.2.28 飯田丸梅園の梅 byNEX5N E 18-55mm 55mm F 7.1 ISO100 1/400)



(2016.2.28 飯田丸梅園の梅 byNEX5N E 18-55mm 55mm F 7.1 ISO100 1/400)



(2016.2.28 飯田丸梅園の梅 byNEX5N E 18-55mm 55mm F 7.1 ISO100 1/400)



(2016.2.28 熊本城と梅 byNEX5N E 18-55mm 38mm F 13 ISO100 1/160)



(2016.2.28 飯田丸梅園の梅 byNEX5N E 18-55mm 55mm F 6.3 ISO100 1/320)



(2016.2.28 飯田丸梅園の梅 byNEX5N E 18-55mm 55mm F 10 ISO100 1/125)



(2016.2.28 熊本城と梅 byNEX5N E 18-55mm 34mm F 13 ISO100 1/125)



(2016.2.28 熊本城と梅 byNEX5N E 18-55mm 18mm F 13 ISO100 1/100)



(2016.2.28 熊本城と梅 byNEX5N E 18-55mm 55mm F 8.0 ISO100 1/500)




(2016.2.28 飯田丸梅園の梅 byNEX5N E 18-55mm 18mm F 6.3 ISO100 1/640)



2016年3月17日木曜日

マイナス金利、効果見えず

マイナス金利については過去に3回ほど載せました

マイナス金利(1/31)
マイナス金利の余波(2/5)
マイナス金利の件(2/23)

よほどのことがない限り、この件に関することは恐らく今回が最後になりそうです。

日本の金融機関が日銀に預けている当座預金。金融機関はこの預金に応じた金利を日銀から受け取っています。
マイナス金利は、この預けた金額に応じてマイナスの金利、手数料のようなものを払うことになります。
ですが当座預金の全額にマイナス金利が付くわけではなく、ごく一部です。
日銀は預かった当座預金を3段階にわけ、プラス金利(0.1%)、金利なし、マイナス金利(-0.1%)がかかるようにしています。その分類は毎月発表されます。2月に発表された1月分に引き続き、先日2月分の発表がありました。
結果、2月の当座預金平均額253兆円のうち、23兆円あまりがマイナス金利分です。
平均額もマイナス金利分も、1月とほとんど同じ。

ロイターの報道によれば、日銀の思惑はこのようだったらしいです。
マイナス0.1%の金利がかかる預金を多く持つ金融機関がこの一部を放出する一方、プラスやゼロ金利残高に余裕がある金融機関が、マイナス金利で資金を調達。その資金を運用することで、利益を得る裁定取引が短期金融市場で発生する、というもの。
この裁定取引が進めば、マイナス金利適用の預金額は3兆円くらいまで減る(その分、資金が市場に出回る)と見込んでいたようですが、2月、3月の様子を見る限り、資金が動く気配すらありません。

あきらかに黒田君は失策したようです。
さて、次の一手が欧州の後追い、「マイナス金利幅の拡大」、というような、一種のヒステリーか、あるいは小学生レベルのことであれば、日銀総裁は変えたほうが良いでしょうね。
そもそも中央銀行の手段にも限界があり、見通しが伴わないこれらの手法は傷口が広がるだけです。
景気浮揚、インフレ率を上げる(景気を活性化する)なんて本来は政府の管轄で、日銀はサポートかブレーキくらいの役目が関の山だと思いますねえ。
つくづく、黒田君は運のない人と思います。


2016年3月15日火曜日

レオナルド・ディカプリオ

先日授賞式があった2015年の「白い」アカデミー賞で、初めてオスカーを取ったレオ様ことレオナルド・ディカプリオ。
今年42才になるってことに驚きまいた。1974年11月11日生まれ。
オレの3つ下、妹と同い年とは。
もっと年下だと思ってました。

レオ様といえば「ギルバート・グレイプ」が鮮烈な印象で、(この人、演技うまいなあ)と思ったんですが、そのあと彼の出演作ってあんまり見てないです。
「タイタニック」見てない。
「クイック&デッド」、「仮面の男」「ギャングオブニューヨーク」見たかな。どれも面白かったし、レオナルド・ディカプリオの演技はどれも良いものだったと記憶しています。「ギャングオブニューヨーク」は良かったですね。
でも、やっぱり「ギルバート・グレイプ」が素晴らしすぎました。
映画の内容もとても素晴らしかったです。お勧めの映画です。
私自身はアカデミー賞自体には何の思い入れもなく、過去の受賞者なんてさっぱり知りませんが、今回受賞した作品、「レヴェナント:蘇えりし者」は機会があれば見てみようと思います。


2016年3月7日月曜日

明後日は日食(部分)

水曜日は部分日食が見られます。
最大食分はこんな感じ。


熊本で20%くらいでしょうね。
何も知らなければ気が付かないかもしれない。
陽の光を小さな穴を通して地面に映すと欠けているのが分かります。
木漏れ日でもわかるかも。
でも、熊本の天気予報はこんな感じ。


前線が近寄りよんけん、見れんが。
つかその前に、この時間、絶賛仕事中やが。( ´・ω・`)




2016年3月6日日曜日

車の曲がり方


インプレッサWRX STIは自分にとってのはじめての4WD(スバル流に言えばAWD)でした。
初めて運転したとき、コーナリング(カーブの曲がり)は「オンザレール」ってこういうことか、と思いました。
運転に慣れると、「オンザレール」とは言うもののややアンダー気味なハンドリングを感じました。
インプ君は基本的にフロントヘビーなのでどうしても車の頭が外側に流れ気味になってしまいます。
一応、~気味って書いたのは、結構速度が上がった状態でのタイトなコーナーでないと感じません。
普通に街角の交差点曲がるときにアンダーを感じることはありませんでした。(2001年式)

一方、今のいっちゃん。
同じAWDですが、こいつのコーナリングはまだちょっと慣れていません。
「妙に」曲がりすぎるんです。
かといって、FRみたいなオーバーステアではありません。
なんつーか、ハンドルを曲げる量が小さいというか、(ありえないんですが)遠心力の掛かりが弱いというか。
スピードがあまり落ちないまま、気がついたらコーナーの出口にいる、みたいな感じ。
トルクベクタリングとやらの性能なのか、EDLのせいなのか、リアのサスペンション(マルチリンク)のせいなのか。

ニュートラルギアのままコーナーをパスしてもこの「妙な」感覚を感じるので、トルクベクタリングのせいではなさそう、というのが最近わかったこと。
最近の車はみょうちくりんじゃのお。




2016年3月5日土曜日

トランプ氏

アメリカでは大統領選挙の予備選挙・党員集会が行われています。
今週の火曜日はスーパーチューズデイと呼ばれる集中日でした。
民主党はヒラリー・クリントン氏、共和党はドナルド・トランプ氏が優勢だったようです。
トランプ氏のこれまでの言動を見ていると、およそ政治家にはふさわしくないように思います。
だからでしょうか、予備選挙が始まったころは、彼が有力な大統領候補と見る人はいませんでした。
ですが、スーパーチューズデイが過ぎ、彼の勢いやこれを支持する人々が驚くほど幅広い層にいることが分かり、ひょっとしたら共和党の大統領候補になるのではないか、とささやかれ始めました。

この人をみていると、古代ギリシャの政治家クレオンを想起させます。
仮に、この人が大統領になって具体的な破局を迎えなくても、「終わりの始まり」だった、と後で振り返るようなことになりそうな気がします。

そもそも今のアメリカには「アメリカンドリーム」のようなことが少なくなりつつあります。
日本以上に富の再分配がうまく行っていない国ですが、それでもアメリカンドリームの存在は所得が中層下層の人々に活力を与え、アメリカ全体の代謝を促し社会が硬直化することを抑えていました。
ですが、2001年9月11日のアメリカ同時多発デモとそれに端を発する戦争や、2008年のリーマンショック以降、アメリカは硬直化の一途をたどっている気がします。
社会的な不安と経済的な打撃によって、なにか言い表せない暗闇を抱えているような、そんな雰囲気です。

(それでもかの国は多くの移民によって新陳代謝が促されている面があるので、表向きは活性化しているように見えます。でもこれは諸刃の剣です。)

予備選挙はまだ始まったばかりです。終盤を迎える5月あたりにどんな風景が待っているのでしょうか。